春日三球・照代のプロフィール、ニュース、ブログ、画像、ウェブ、動画、2chなどの最新情報

春日三球・照代(かすがさんきゅう・てるよ)は、日本の夫婦漫才コンビ。
就中「地下鉄電車はどこから入れたの?それを考えてると一晩中寝られないの。」のフレーズで有名な「地下鉄漫才」で1970年代後半に一世を風靡し、立川談志をして「漫才でトリがとれる」と言わしめた。

来歴

春日三球はリーガル千太・万吉の門下生で、別の男性と「クリトモ一休・三休」の名で漫才コンビを組み、1957年に初舞台。「クリトモ」の屋号は、当時南千住にあった漫才の定打寄席「栗友亭」に因んだもの。 「クリモト一休・三休」との誤記が散見されるが、正しくはクリトモ。 並居る若手の中でもテンポの良さで売り出し、1962年には春のNHK漫才コンクールで優勝(当時、NHK漫才コンクールは春と秋の2回開催されていた)して、順風満帆のように思われた。
ところがその直後の同年5月に、相方の一休が三河島事故によって急逝したため、上方の女性音曲漫才コンビの片割れで、自分と結婚引退したばかりの妻の照代と1965年に「春日三球・照代」を組み直し、夫婦漫才コンビで再出発した。
売れる前は三球がウクレレを、照代がギターを持ち、テーマソングの『線路は続くよどこまでも』を歌ってから音曲漫才を展開していたが、次第にボケを活かしたしゃべくりに徹するようになり、1970年代中頃には「地下鉄漫才」が大ブレークして全国区になった。地下鉄ネタに続き、新幹線ネタや山手線ネタなどの鉄道ネタ、タクシーやエスカレーターといった乗り物全般に関するネタをシリーズ化して人気を維持した。
しかし1987年に妻の照代が急逝し、三球は再び人気絶頂で相方を失う憂き目に遭う。失意の三球を見兼ねた周囲が、漫才経験のある若手女性芸人・芳賀みちるを世話してコンビを組ませ、舞台に復帰させたものの、くすぶったまま1年程で解消。
三球はその後も暫く精彩を欠くが、傷心が癒えると共に漫談家として再起した。巣鴨地蔵通り商店街に、巨大な似顔絵看板(山藤章二筆)を掲げた「健康肌着の店-春日三球の店」も経営し、ババシャツブームに乗って盛業中である。巣鴨つながりで、青空うれしと組んで掛け合いも時折見せているが、本格的な漫才コンビ再結成には到っていない。
春日三球・照代 の ニュース
春日三球・照代 の 画像
春日三球・照代 の ブログ
楽隠居
... 曜日に関係なくおばあさんの数は多い。その後をノコノコ付いて行くおじいさんはまばらである。 この商店街の中に、「地下鉄はどこから電車を入れるか」で有名夫婦漫才の春日三球照代さんの照代さん亡き後、三球さんが婦人シャツを中心の衣料品店を開い ...
休日の過ごし方
... 春日三球・照代の漫才の「地下鉄はどこから入れたのか?!」ではないですけど、 本当にどこからこれだけの虫が侵入したのでしょうか?! 米を譲ってくれた農家からだとは思うのですけど、、。 その作業も終わると、今度は「水出しコーヒー」の準備です。 ...
子ども落語(六)
... 01.ひなつば 02.しの字ぎらい 03.かんじょう板 04.代脈 05.しぶ酒 06.二番せんじ 仲入 07.芸談・漫才 春日三球・照代 08.めがね屋どろ 09.巌流島 10.無筆小ばなし 11.ばけもの使い 千秋楽 12.手紙無筆 13.つぼ算 14.日和ちがい ...
10月21日が誕生日の有名人
... 【建築家】 〔福井県〕 1933年10月21日 春日 三球 (かすが・さんきゅう) 【漫才師】 〔東京都〕 元 《春日三球・照代》 1936年10月21日 白川 由美 (しらかわ・ゆみ) 【女優】 〔東京都〕 1938年10月21日 堤 康弘 (つつみ・やすひろ ...
今日は何の日?10月21日(火)・芸能人誕生日芸能人誕生日
... ル=グウィン(米:SF作家『ゲド戦記』) 1931年 福田善之(劇作家, 俳優) 1933年 春日三球(漫才師[元](春日三球・照代)) 1936年 白川由美(俳優) 1939年 五月みどり(歌手, 俳優, 小松みどりの姉) 1943年 合庭惇(出版人, 情報社会 ...
今日はどんな日2008年10月21日(火)
... Ursula Kroeber Le Guin 1931年 福田善之(劇作家, 俳優) 1933年 春日三球(漫才師[元](春日三球・照代)) 1936年 白川由美(俳優) 1939年 五月みどり(歌手, 俳優, 小松みどりの姉) 1943年 合庭惇(出版人, 情報社会学者 ...

春日三球・照代 の 動画
春日三球・照代 の ウェブ
春日三球・照代 - Wikipedia
春日三球・照代(かすがさんきゅう・てるよ)は、日本の夫婦漫才コンビ。 ... 春日三球(かすが さんきゅう、本名:近馬 一正(ちかま かずまさ) ... 春日照代(かすが てるよ、 1935年12月8日 - 1987年4月1日)は、妻。 ...
春日三球・照代
地下鉄漫才 春日三球・照代 ... 春日三球・照代さんの登場です。 三球さんは昭和32年に「クリトモ一休 ... 一休さんを三河島列車事故で亡くしたあと、三休さんは女性漫才コンビで活躍していた照代さんと夫婦となり、「春日三球・照代」で再スタート。 ...
geinin.jp: 春日三球・照代
後に解散して、「春日三球・照代」を結成。 ... 金語楼・フランキー堺・水の江滝子(1961年(昭和36年)放送「ジェスチャー」より)、リーガル千太・万吉(1949年(昭和24年)制作「NHK広報用映画」より)、春日三球・照代(1977年(昭和52年) ...
やぁ、お元気ですね!・8/春日三球さん
春日三球・照代さんといえば、おなじみの「地下鉄はどこから入れるんでしょうねぇ?」との地下鉄漫才で一躍有名になり、数々の笑いで日本中を魅了した。 ... 解散後、昭和40年「春日三球・照代」の夫婦コンビ誕生。 ...
春日三球への講演会依頼-漫才師 写真・プロフィール・著書|講演会依頼の ...
春日三球への講演会・研修の講演講師依頼のご依頼はシステムブレーンへご相談ください。 ... 1962年の三河島事故で一休氏が亡くなった後、当時活躍していた女性漫才コンビの照代氏と結婚し、1965年に春日三球・照代の夫婦のコンビが誕生。 ...
(社)漫才協会: 春日三球
漫才大会、漫才大行進、漫才新人大賞等の公演開催、漫才師の育成、 ... 青空たのし | トップページ | 東 京丸・京平 " 春日三球. 生年月日:1933年10月21日 ... 1965年 夫婦漫才コンビ「春日三球・照代」として再出発 ...

春日三球・照代 の 2ちゃんねる
春日三球・照代 - Wikipedia
春日三球・照代(かすがさんきゅう・てるよ)は、日本の夫婦漫才コンビ。 ... 春日三球(かすが さんきゅう、本名:近馬 一正(ちかま かずまさ) ... 春日照代(かすが てるよ、 1935年12月8日 - 1987年4月1日)は、妻。 ...
春日三球・照代
地下鉄漫才 春日三球・照代 ... 春日三球・照代さんの登場です。 三球さんは昭和32年に「クリトモ一休 ... 一休さんを三河島列車事故で亡くしたあと、三休さんは女性漫才コンビで活躍していた照代さんと夫婦となり、「春日三球・照代」で再スタート。 ...
geinin.jp: 春日三球・照代
後に解散して、「春日三球・照代」を結成。 ... 金語楼・フランキー堺・水の江滝子(1961年(昭和36年)放送「ジェスチャー」より)、リーガル千太・万吉(1949年(昭和24年)制作「NHK広報用映画」より)、春日三球・照代(1977年(昭和52年) ...
やぁ、お元気ですね!・8/春日三球さん
春日三球・照代さんといえば、おなじみの「地下鉄はどこから入れるんでしょうねぇ?」との地下鉄漫才で一躍有名になり、数々の笑いで日本中を魅了した。 ... 解散後、昭和40年「春日三球・照代」の夫婦コンビ誕生。 ...
春日三球への講演会依頼-漫才師 写真・プロフィール・著書|講演会依頼の ...
春日三球への講演会・研修の講演講師依頼のご依頼はシステムブレーンへご相談ください。 ... 1962年の三河島事故で一休氏が亡くなった後、当時活躍していた女性漫才コンビの照代氏と結婚し、1965年に春日三球・照代の夫婦のコンビが誕生。 ...
(社)漫才協会: 春日三球
漫才大会、漫才大行進、漫才新人大賞等の公演開催、漫才師の育成、 ... 青空たのし | トップページ | 東 京丸・京平 " 春日三球. 生年月日:1933年10月21日 ... 1965年 夫婦漫才コンビ「春日三球・照代」として再出発 ...

春日三球・照代 の 関連ワード
Webサービス by Yahoo! JAPAN